オクラ の 植え 方。 初心者にもできるオクラの育て方・栽培方法【解説動画付き】

新鮮なサヤには小さなトゲがあるため、素手で触るとチクチクすることがあります。

オクラは多くの肥料を必要とする野菜ですので、切らさずたっぷり与えることも大切です。

アクが少なく、通常のオクラより肉厚でねばりが強く食味良好。

オクラは暑さに強く、栽培時期は4月頃~7月頃が適しています。

やわらかいうちに早めに収穫しましょう。

本葉が1、2枚になった頃、生育の良い1本(または2本)残し、他の株を間引き、乾燥気味に育てながら、本葉が2、3枚になるまで育てます。

オクラの植え付け時期 オクラの苗の植え付けは4月末から6月中旬頃まで、本葉が4~5枚の苗を植え付けましょう。

そして 毎日の励みとなっています <カテゴリー変更いたしました!> 4月10日. これ以上大きくなると硬くなって美味しくありません。

75

また、風通しもよくなって病害虫の予防にもつながります。

気温が低い4月は、ポットに種をまき温度が上がってから植え付ける。

サヤの形は五角が市場では主流ですが、丸や八角もあります。

この方法は、たくさんのオクラを栽培する時に有効です! もし、数本しか植えない場合は1~2本に間引くと収穫が早まります。

曲がり果やイボ果の発生が少なく、特に秀品率が高い。

オクラの直まき オクラの種を直まきするときは、30cm以上の間隔をあけて点まきにします。

オクラは高温と強い日差しを好むので日当たりの良い場所で育てるのがポイントです。

栄養価の高い実をつけてくれるだけではなく、ハイビスカスに似た美しい花も咲かせてくれるオクラ。

オクラにつきやすい害虫は、ヨトウムシ・カメムシ・アブラムシなどがあります。

19