ポリニャック 伯爵 夫人。 母の愛は馬車より強し ロザリーのお母さんの勇気

あまりの親密ぶりに、王妃の取り巻きを快く思わない人々から同性愛の噂をたてられるほどであった。

他にもオスカルの話を聞かせて欲しいとせがまれたり、処刑直前に渡された物がリボンから化粧紙で作った造花に変更されている。

マルティーヌ・ アデライード・ド・ポラストロン(1760年 - 1795年) - 1780年、子爵と結婚。

この際に偶然にに声をかけ、しかし、女性であるオスカルは当然、この申し出を受けず、ロザリーに同情して金貨を与えた。

原作より泣く場面、感情を露わにする場面が少なく、気丈な性格に描かれている。

1792年の後にこの亡命宮廷が解散すると、再びウィーンに戻った。

彼女の莫大な財産とリハーサルができる広大な邸宅という環境も幸いしたにちがいない。

さんざん母のマリアテレジアがメルシー伯を通して忠告しましたが、無駄でしたから。

90

皆さんも、本物の馬車とすれ違う機会があれば、我が子の為にその前に飛び出せるかどうか、心の中で試してみて下さい。

彼女は、ベルサイユの社交界にデビューすると、またたくまに王妃の寵愛を得て、側近中の側近になっていきました。

一方で、ガブリエルが仲間入りした世界では、ヴォドゥロイユは暴力的すぎ、礼儀をわきまえなさすぎるため、2人の交際は相応しくないと周囲からは思われていた。

その後、伯爵夫人の次男ジュール・ド・ポリニャックは王政復古後に帰国して、シャルル10世の時代の1829年にフランスの首相になった。

ヤッシャ・ハイフェッツが愛用していた事でも知られています。

展示はされていませんので、一般の方は見る事が出来ません。

83-88, は、ヴォドゥロイユをガブリエルと肉体関係を持っていたと判断している。

『ベルばら』では彼女の娘は、自殺してしまいましたが、実際の娘と息子たちは、一緒に亡命して生き残っています。

「シャンパンを造ることは芸術である」というポリニャック家の伝統のもと、8代目として創業に参画している。

87 68