東北 地方 太平洋 沖 地震。 東北地方太平洋沖地震及び津波のメカニズム

平均発生間隔は約38年である。 過去の地震の規模から Mw 8. 前者は(中略) 地震の名称です。 また宮城県沖地震のように繰り返し発生する地震の存在や、地震波の解析によって明らかとなった地震時の断層面すべりが大きな場所があることなどから、プレート間の固着が強く、地震発生時のすべりが大きいと呼ばれる場所があることがわかってきた。 これは2003年の十勝沖地震の変位の約2倍であり、後述の海溝軸付近の大規模な第二の破壊過程に先立つ第一の破壊の段階から、通常の大地震を上回る規模の地震であった可能性が高いとされる。 この地震が発生した後も非定常の地殻変動(余効変動)が観測されています。
14 49