カロナール 300 大人 一 回 2 錠。 頭痛や生理痛にカロナールは効果的?カロナールの成分や効果、副作用について解説|【公式】SOKUYAKU

なお,年齢,症状により適宜増減するが, 1日総量として4000mgを限度とする。

(「3. 熱を下げたり痛みをやわらげたりするお薬です カロナール錠300の用途• また,カロナール錠300は,「含有量が異なる経口固形製剤の生物学的同等性試験ガイドライン(平成12年2月14日医薬審64号)」に基づき,カロナール錠200を標準製剤としたとき,溶出挙動が等しく,生物学的に同等とみなされた
(50歳代病院勤務医、循環器内科)• 筋肉痛の鎮痛• 3.過度の体温下降、虚脱、四肢冷却等が現れることがあるので、特に高熱を伴う高齢者及び高熱を伴う小児等又は消耗性疾患の患者においては、投与後の患者の状態に十分注意する 歯科治療後の 疼痛の鎮痛• 4.クマリン系抗凝血剤(ワルファリンカリウム)[クマリン系抗凝血剤の作用を増強することがあるので、減量するなど慎重に投与する(本剤が血漿蛋白結合部位において競合することで、抗凝血剤を遊離させ、その抗凝血作用を増強させる)]
小児科領域の鎮痛• カロナール錠200mg1日20錠とか処方されたら驚きますが カロナール錠200mgはアセトアミノフェンが200mg入っていますので、カロナール錠200mgに換算すると1. 成分名等 代表的な薬剤等 リチウム製剤 炭酸リチウム リーマス錠 チアジド系利尿剤 ヒドロクロロチアジド等 フルイトラン アルコール(飲酒) クマリン系抗凝血剤 ワルファリンカリウム ワーファリン カルバマゼピン フェノバルビタール フェニトイン プリミドン リファンピシン イソニアジド テグレトール、ヒダントール 抗生物質 抗菌剤 上記のような薬のうち、特に抗生物質や抗菌剤に関しては、実際には併用されるケースも多くあり、必ずしも避ける必要はありません
(1)一般的な症状• 1日4回の服用になると、投与間隔が6時間ごとになるので常に体内に薬があることになります 急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)• の鎮痛• また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい
重要な基本的注意」の項参照) 妊婦,産婦,授乳婦等への投与 妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので,妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には,治療上の有益性が危険性を上まわると判断される場合にのみ投与すること (30歳代病院勤務医、心臓血管外科)• なお,年齢,症状により適宜増減するが,1日総量として4000mgを限度とする
9.重篤な肝障害が発現する恐れがあるので注意し、1日総量1500mgを超す高用量で長期投与する場合には定期的に肝機能検査を行い、患者の状態を十分に観察し、高用量でなくとも長期投与する場合にあっては定期的に肝機能検査を行うことが望ましい(また、高用量で投与する場合などは特に患者の状態を十分に観察するとともに、異常が認められた場合には、減量、休薬等の適切な措置を講ずる) 効能の違う疾患の他の薬などを服用している場合も、併用することで副作用を起こしたり、お互いに作用を強めたり、効果を弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意し、気になる場合は必ず医師、薬剤師に相談してから使用するようにしましょう
記載されている副作用が必ず発生するものではありません 打撲痛• 10.慢性疾患(変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には、薬物療法以外の療法も考慮する
10.気管支喘息のある患者[症状が悪化する恐れがある] また、アセトアミノフェン製剤の全般の特徴として、小児から安全に使用できる内服薬であり、NSAIDsに分類される解熱鎮痛剤と異なり消化性潰瘍の発生が少ない点が挙げられます Pocket Drugs 2017, 医学書院
4~6時間以上間隔をあければ、何回服用しても良いというわけではなく、1日の限度総量が決まっていますので、その量を超えないようにしましょう カロナール300の使い方 カロナール錠300は年齢や疾患によって使用する錠数が違ってくる薬です
41

1回量1000mgないし1日量4000~6000mgが有効限界量である。

血液異常• 体重1kgあたり、1回 10~15mg• 下記の疾患並びに症状の鎮痛• ・風邪などで受診した人に腎機能を比較的気にせず処方でき、また、インフルエンザを疑うとき、脳症を警戒してカロナールを処方することが多いです。

2).消化器:悪心・嘔吐、食欲不振等。

・よく効きます。

腎障害• 2.急性疾患に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮する。

] 重篤な肝障害のある患者[重篤な転帰をとるおそれがある。

209• 3.小児科領域における解熱・鎮痛の場合:幼児及び小児にはアセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10~15mgを経口投与し、投与間隔は4~6時間以上とする• (その他の注意) 1.類似化合物(フェナセチン)の長期投与により、血色素異常を起こすことがある。

6.他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましい。

妊婦・産婦• 逆にするとカロナールは効果が弱いからロキソニンを希望されます。

NSAIDsが使えない喘息患者でもアセトアミノフェンは使えることが多いです。

5
子供の場合の1回量の目安は、カロナールの添付文書記載量に準じています しかし医師の処方された薬と決められた時間と決められた量を飲むべきです
NSAIDではロキソニンを第一選択にしております 重篤な心機能不全• また、類似化合物(フェナセチン)を長期・大量投与した動物実験で、腫瘍発生が認められたとの報告がある
カロナールとチョコラBBは同時に飲んでも大丈夫です 7.腎障害又はその既往歴のある患者[腎機能が悪化する恐れがある]
頭痛や生理痛に使う場合は? それでは、本題の「頭痛や生理痛に使う場合と子供に対して使う場合の投与量」についてご紹介します 筋肉痛の鎮痛• 大人、お年寄り、子供、いずれのケースでも鎮痛や解熱目的でも比較的安全に使用することができます
(30歳代病院勤務医、一般外科)• 1日最大20錠 子供の場合 体重ごとの目安は、以下の通りです ロキソニンなどの一般的な解熱鎮痛薬はNSAIDsと言われるグループに分類されており、胃が荒れるなどの副作用が共通して出やすいとされていますが、カロナール300はNSAIDsには分類されない解熱鎮痛剤であり、胃が荒れる作用も少ないとされています
7