同居 人 は ひざ 時々 頭 の うえ。 同居人はひざ、時々、頭のうえ。

撮影監督 - 國重元宏• はち 声 - 陽の弟であるオス猫。 しかし、弟たちが人間に拾われたりカラスの襲撃にあったことで散り散りになり、最終的には1匹で孤独に生き延びていた。 彼のこと、彼のおこないを否定せず、きちんと受け入れてくれる周りの人間の優しさが、読者の心も暖かくしてくれますよ。 『そこはあんこさんの場所やん!!』 思わず大きな声で講義するきなこ。 「誰!?」と驚くハル! 急いでハルは先に女の子の方を物陰に引っ張り込み、もう一匹も連れ込もうとしたときにスルっと抜け出ていってしまった男の子の子猫は見知らぬおばさんに抱き上げられてしまいました。 ハルと素晴が行き違いがありなが らも互いに思いやりながら暮らす様が面白いし愛しい。 ハルは見た目も可愛いけど、素晴を守ろうとする姿も可愛いんです。 ダンボールに兄弟とともに捨てられ、ここがどこかも、自分の母親がどんなだったかも定かでありません。 著者 ["みなつき", "二ツ家あす"] 出版日 2018-03-13 作品の魅力:人間サイドと猫サイド、別々に読むことができる 本作の魅力は、まず人間目線での話を描き、そのあとに同じ話の猫目線で、猫の気持ちを描いているところではないでしょうか。
97 4