時節柄 ご 自愛 ください ませ。 ビジネスメールでも使える「体調を気遣う言葉」例文|「マイナビウーマン」

落ち葉舞い散る深秋の候、体調を崩されませぬようご自愛くださいませ。

(1月) まだまだ寒い日が続きますが、どうぞご自愛ください 皆々様の益々のご健勝を心よりお祈りいたしております
ひとつめは「季節」と同じように、目の前にある自然の風景や気候の変化など、われわれの五感で感じられる「今」を指しています 返事を求める挨拶• どれも上司・取引先・目上にふさわしい丁寧な敬語にしています
単純に言えば、時候の挨拶をただ季節に限定する場合は「季節柄」を使い、時代を含める場合には「時節柄」を使うといいでしょう 待ちに待った夏休みを前にして、時節柄、何かと心がはずんでいらっしゃることとお慶び申しあげます
ただ実際には男性であろうと女性であろうと違和感なくつかえます つまり、季節柄は季節に関する表現であり、時節柄は季節だけでなく時勢に関して表現できることが、二つの言葉の違いになります
「ご自愛ください」という言葉は、普段の会話の中ではあまり使いませんが、手紙やメールなどで結びの挨拶として書かれていることが多いです 一方で冬の寒さは完全に消えてはおらず、昼夜の温度差には驚くものです
ぜひ、マナーを重んずる社会人として積極的に使ってみましょう 「どうぞ、体調を崩さず、元気でお過ごし下さい」という相手を思う気持ちを丁寧に表現することができるため、マナーのある社会人としては、ぜひ使っていきたい言葉でしょう
「お願い申し上げます」は 「お願いいたします」「お願い致します」と言い換えできます 少し晴れ間が出ていても、すぐに雨が降り出すこともしばしばですよね
時節柄、どうぞご自愛くださいませ 暑さが日に日に増してくる時節、くれぐれも体調を崩されませんように
78
挨拶での「時節柄」の例文 「時節柄」はたんに季節のことを言うのではなく、われわれを取り巻く今のこの時代についても言うことができます。 より丁寧な表現にするためには、丁寧語の「ください」に「する」の尊敬語「なさって」をつけて「 ご自愛なさってください」という表現を使うとよいでしょう。 例えば「お申し付けくださいませ」「ご笑納くださいませ」「こちらをご利用くださいませ」「お気を付けていってらっしゃいませ」などと使われます。 どうかご自愛くださいませ。 紹介した例文以外にも、自分がメールを受け取った際に良い印象を持ったフレーズをストックしながら、状況や相手に合わせて使いこなしましょう。
9

このような末尾に添えられる一文を読むと、たとえビジネスライクなおつきあいであっても、その人とのつながりが意識されて、嬉しく感じるものです。

もうひとつは、自然の風景や気候ではなく、社会状況や人々の意識などの「今」を指します。

手紙文の時候の挨拶に、季節と時代の両方の意味をもつ「時節柄」を使うことで、形式的な時候の挨拶がレベルアップします。

花冷えの季節、風邪など引かれませんようご自愛くださいませ。

「改まった手紙」に適した結びの挨拶• 皆様方のご無事息災を心よりお祈り申し上げます。

通常、健康な人に対して使われるため、風邪を引いていたり体調を崩している人には適切な言葉ではありません。

95