れん ごく 画像。 煉獄杏寿郎 (れんごくきょうじゅろう)とは【ピクシブ百科事典】

(鬼滅の刃17巻 吾峠呼世晴/集英社) その後、煉獄槇寿郎はとの最終決戦では、元柱の一人として産屋敷輝利哉たちの護衛を元音柱の宇髄天元と共に務める。

杏寿郎が幼い頃に病死。

以後は、煉獄の存在は一層明示的になり、とりわけ聖の寄与は大きく、彼が母の死にあたって、代祷を請われたことは有名である。

俺は信じる、君たちを信じる そして、煉獄さんからの最後の言葉です。

とても思いやりがあり、人として尊敬できる人物でしたね。

これは決して、鬼に対する怨みや憎しみから出た言葉ではなく、「隊律違反=斬首」は当然とする正論から出たセリフと考えられ、煉獄さんの鬼殺隊隊士としての真っ直ぐな生き様を感じられるシーンです。

夜明けが近く、逃げようとする猗窩座を拘束しようとするシーンで放った台詞です。

31 90