今治 市 古谷。 愛媛県今治市古谷の住所

傘をさしながらの撮影は、非常に煩わしいのだ。

なお社殿裏の1号墳のみ、小石を積み上げて造った積石塚と思われ、他の古墳との違いが見られます。

幕末期だけでも文政6年、天保2年、嘉永5年、同6年の4回の実施が記録されています。

3の時点で山歩きに慣れていないと辛い道(高低差はないが足場不安定な箇所多数)で、案内板もないので道を知らないと迷う可能性もあります。

愛媛県今治市石井町で殺人事件が発生か? この事件がは発覚したのは2020年8月16日(日)の午前9時25分頃のこととされています。

境内の小さな建物 休憩所でしょうか。

一見、普通の林のようだが、そこかしこに石組みの墳墓入口が見え、 その数、30数基。

フスベ岩の場所は大体この辺り。

51

社務所?付近にある祠 多伎神社古墳群 境内奥には多伎宮古墳群が広がっています 古墳を示す札はぽつぽつ立っているのですがほとんど埋もれているような状態 札も倒れているのが多い… これは割とはっきりとしていました 愛媛県指定史跡 多伎神社古墳群 多伎神社古墳群は、多伎川の上流が形成した扇状地奥の谷部にあり、東西約300m、南北約100mの範囲に分布しています。

その後、現在地に遷座し、貞観年中に神階を授けられている。

さらに、川に沿って道路を登ると、石橋があり、橋を渡ると境内。

ほとんどが盗掘されており、まともな発掘が行われていないらしい。

社伝によれば、当社は往古、高市郷と朝倉郷の氏神で、ある時に一方の氏神にしようとなり、奥の院の岩の向いている方角で決めようということになりました。

9mです。

祭神のとについて。

そこの前に駐車できます。

創建時期は不詳。 場所は当社から多伎川を1kmほど上った地点の山中。 広大な境内地の愛媛県指定史蹟三十数基の 群集古墳からは古い歴史と由緒が伺われ、多伎川の 清流と照葉樹を中心とした自然林は全国でも有数、 まさに神様のお座します所であります。 社頭にも駐車スペースあり。 往古は朝倉郷と高市郷の両郷の氏神であったが、 ある時、一方の氏神にしようということになり、 奥の院の石の向きで決することとした。 この奥の院は川上巌(かわかみのいわお)、フスベ岩と呼ばれる巨岩。 道端に「多伎宮」と書かれた小さい案内が立っています。 また、多伎神社から奥の院に至る参道にはかつて天然記念物の「箒桜」がありましたが、落雷で枯死してしまった模様。 78㎡(公簿) 造成年月日 - 私道負担面積 無し 接道状況 北西4. 入口があれば、覗かずには居られない。
76