夜 に 掛ける 歌詞。 夜に駆ける

それでは本題の楽曲考察に移っていきましょう。 静かな夜 聖なる夜 すべてが穏やかで輝き 純潔なる聖母と御子を包む 聖なる幼な子 優しく穏やか 天上の静けさの中で眠る Silent night! 綴られているように 「夜に駆ける」は、星野舞夜が手掛けた小説「タナトスの誘惑」が元になっています。 毎週新曲を追加していますので国内最大級の情報量から、J-POPやアニメから演歌まで常に最新の曲の歌詞を検索できます。 彼女のことを死神と表現をしているのかもしれませんね。 「御告 みつ げ」とは、天使らによるキリスト降誕の知らせ。
25
彼女の儚げな姿がとても印象てきです。 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ 夜に駆けるより転用 この歌詞の部分は主人公視点といのがわかりますね、主人公は彼女に恋をしていた、一目ぼれであったということが想像できます。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 沈むように溶けてゆくように 二人だけの空が広がる夜に 「さよなら」だけだった その一言で全てが分かった 日が沈み出した空と君の姿 フェンス越しに重なっていた 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ いつだってチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 触れる心無い言葉うるさい声に 涙が零れそうでも ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる 騒がしい日々に笑えない君に 思い付く限り眩しい明日を 明けない夜に落ちてゆく前に 僕の手を掴んでほら 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も 抱きしめた温もりで溶かすから 怖くないよいつか日が昇るまで 二人でいよう 君にしか見えない 何かを見つめる君が嫌いだ 見惚れているかのような恋するような そんな顔が嫌いだ 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっといつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ もう嫌だって疲れたんだって がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君 もう嫌だって疲れたよなんて 本当は僕も言いたいんだ ほらまたチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 君の為に用意した言葉どれも届かない 「終わりにしたい」だなんてさ 釣られて言葉にした時 君は初めて笑った 騒がしい日々に笑えなくなっていた 僕の目に映る君は綺麗だ 明けない夜に溢れた涙も 君の笑顔に溶けていく 変わらない日々に泣いていた僕を 君は優しく終わりへと誘う 沈むように溶けてゆくように 染み付いた霧が晴れる 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に 差し伸べてくれた君の手を取る 涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく 繋いだ手を離さないでよ 二人今、夜に駆け出していく. クリスマス本番までのわずか数日間で、『きよしこの夜』の原曲は作曲されたという。 その謎や元になったストーリーに興味を持ったという方は、ぜひ小説『タナトスの誘惑』を読んでみてくださいね。
76

小説の主人公は男性で、付き合っていた女性からさようならというラインがきたとこから話しは始まります。

YOASOBIは音楽を努める 「Ayase」とボーカルを担当する 「幾田りら」で構成された音楽ユニットであり、本楽曲のアニメーションイラストは 「藍にいな」が担当しています。

主人公は彼女に心を奪われていたことがわかりますね。

なんと小説投稿サイトに投稿された小説を音楽化するために結成されたアーティストなのです。

怖いだけじゃない。

読む時間も5分以内に読めるほどの短さなので気軽によむことができます。

原曲が初めて演奏されたのは、1818年12月25日、オーストリアのオーベルンドルフの聖ニコラウス教会でのこと。

原作を読んだ方は既にご存知かと思いますが、ここからのクライマックスまでのどんでん返しがすごい。

タノトスの誘惑という小説が夜に駆けるの歌詞の原作になります。

23