ストロベリー ショート ケイ クス。 『ストロベリーショートケイクス』『無伴奏』など。映画監督・矢崎仁司の作品に触れてみない?

ハルオがアイスを意識していく様子や、記憶を取り戻していく様子、そしてその結末に胸打たれる1本です 最近親しく口をきくようになった店のNo. キクチと付き合えない時点で自分は死んだも同然だと、思ったのかな
ちひろと塔子 塔子とちひろは同居中だが、二人の共同生活は一瞬即発の緊張感をはらんでいる
案内のリーフレットを見たとき、 真っ先に眼に飛び込んできたのが、同作 永井 -• お腹の子は菊地の子か定かじゃないけれど、きっと菊地の子と信じて育てていくのだろうな
泣いてすがった2年前の大失恋を乗り越えて、逞しく生きる里子(池脇千鶴)は、恋に恋する日々を過ごすデリへル店「ヘブンスゲイト」の電話番だ しかし、ちひろは塔子に駆け寄り彼女を抱きしめます
ストレスから食べたものをすべて吐き出してしまう、拒食症のような症状も持ち合わせていました 近藤 -• Edge 詩人 未だ見ぬ詩の世界へ(2017年、スカパー) - ナレーション WEBムービー [ ]• 要らぬ願いを叶えてみたり、 消えてみたり、 叶えるふりをしてみたり、 ほんのちょっとだけ叶えて、課題を突きつけてみたり
これも悲しい 恥ずかしながらそのギャップ故に同一人物だとは判別出来なかったほどである
矢崎仁司監督 二組のペアで物語は進行していき、両者のストーリーは交わるコトがありません
4人それぞれが幸せを求め、 悩み苦しみもがきながら生きていく 個人的にそれを堪能したと言い難いのは幸か不幸なのか
淡々と続く平凡な毎日の中にも、輝きを見つけられるということ ホテルウォータームーン(河原涼太郎監督)• 里子X秋代 ちひろX塔子の2項対立 里子(池脇千鶴)と秋代(中村優子)は同じデリヘルで働いでいる同僚です
実に評価に苦しむ映画だ つまらない、と言うわけではない
72

けれど、かわいさと女の友情 みたいなもの とエロスとタナトスを、綺麗事なしで描いてて好感が持てる。

女性が消費される、道具にされる社会。

4人の女性がそれぞれ苦しみ、もがき、強く生きる物語。

東京都内と思わせる書店のシーンは、同市内の商業施設である魚津ショッピングスクエアー サンプラザの書店()。

プライドを捨てることによって伝わるもの 物語の後半、ちひろは、トイレで喉元に手をつっこみ、何とかしてすべてを吐きだそうと苦しむ塔子を発見します。

菊地 -• だが、この映画のキモはやっぱり四人の女優たちの演技に尽きるだろう。

そう思ったことでしょう。

ラストシーン。

寝る場所も棺桶の中という徹底ぶり 「映画は人との出会い」 「いい映画は、こんな人いそう
(監督)- 浅野陽子 役• 従って、一応(失礼!)最後まで観ては観たのだけれど、繰り返しになるのだけれど流石にストーリーが平板に過ぎる 都会で生きる女性の生きづらさや、孤独、そして、寄り添う感じを
一途な恋を追い求める、それ故に損な役回りも引き受けなくてはならない女性というものを好演していて、「こういう女性って居るな……」という説得力に溢れている 脚本 -• 石ころの神様
『緑茶成分入りファブリーズ』(2005年)/吉田善子演出• 取引先で冷遇されたイラストレーターがぶちギレるシーンが確かあったと思うのだが、原作者本人が演じてるだけあって、なかなかにリアル その力は「買い」かもしれない
(2008年)• ボケそうになったら、飛び降り自殺しようと秋代は決めている 失恋を乗り越えたフリーターの里子、叶わぬ恋をしているナンバーワンデリヘル嬢の秋代、プライドが高いイラストレーターの塔子、男に愛されることがすべてだと考える事務OLのちひろという、違ったタイプの4人の女性が都会の片隅で懸命に生きる様子を優しく描いています
61