メジロ マックイーン ウマ 娘。 【ウマ娘】メジロマックイーン(星3)の評価とイベント

主人公のトレーナーと共に、の新生エースとして物語をスタートさせる。

一方で似た性能を持ち、ライバルの一人でもあると異なり、育成目標となるレースは(史実における90年菊花賞~91年秋天皇賞をモチーフとしている事もあって)中距離の出走数が長距離に比べて多く、また最初の目標が長距離レースのない1年目でのファン数獲得であるため、URAファイナルズはよほど意識して長距離レースに出走しない限り中距離が選ばれてしまう。

しかしスタート直後にコース内側へ寄せた事によって、あわや後ろのウマ娘が転倒寸前という事態を引き起こしていた事が分かり、進路妨害により 1着から18着に降着という憂き目に遭ってしまう。 マックイーンを見つけたトレーナーは語る。 年内にファン数10万人 プラチナ に到達できるとベスト。 これからもチームの夢を背負っていくことを誓った。 能力因子はパワーを優先 メジロライアンは、先行か差しの作戦で走るため、スピードに加えてスタミナとパワーも伸ばす必要がある。 見事に1位で入選し無事期待に応えた…かと思われた。 幸いマックイーンは中距離にも適正があるため、クリアそのものはそこまで難しくはない。 友人とのお出かけはクラシック級かシニア級の時期に「やる気」が下がった時、「友情トレーニング」がない時に選択しましょう。 史実通りの、そして史実では幻に終わったの制覇が肝となる。 第1期14話 - ()• スピカに加入して変わったメジロマックイーンについての話題で、ドーベルちゃんから思わぬ一言が… ドーベル「ついでにスイーツの事となると我を忘れる所、変わればいいわね」 マックイーン「そ、それは忘れなさい! おばあ様に報告したら許しませんわよ!」 マックイーンちゃんがそこまで気にしている「おばあさま」とは一体!? ぱかラジッ!アニメサイドストーリー第6話より 「メジロのおばあちゃん」という愛称で親しまれた有限会社メジロ牧場の元会長でメジロ牧場の最盛期を支えた北野ミヤさん。
24