大艦 巨砲 主義。 大艦巨砲主義|ヌルポあんてな

から装甲艦への移行期には小型化が見られたものの、大砲・動力・技術の進歩に従って軍艦は巨大化していった。そして木製艦体に装甲を施した装甲艦から、艦体自体を鉄鋼製とした艦へと移行、大型の艦体と搭載砲を持つ戦艦と、小型のなどを目的とする巡洋艦へと分岐した。

53
では、 日本語において「大艦巨砲主義」ということばはどのようにして生まれてきたのだろうか? 「国史大辞典」の「大艦巨砲主義」の項は、出典が野村実・外山三郎・池田清と、すでにこの語が固まってしまったあとの世代の人なので、淵源を探るには用をなさない。 その訳語としての表現はいくつかある。 人類史上最強最大の戦艦であり、今後も此れ以上の巨大な戦艦は作られる事は無いと思う。 なぜ建設費見積りがこれほど大きく変わるのだろうか。 のでイギリスとドイツが・を含むで衝突し、砲撃戦の重要性が再認識されたことで各国の大艦巨砲主義は一層強まった。 旧国立競技場の規模を維持すれば、隣接して常設のサブトラックを設置できたのである。
45