ラスト オブ アス 2 ディーナ。 【ネタバレ注意】ラストオブアス2ストーリー考察!エンディング伏線とアビー、ジョエルの最後について感想。ラスアス2のあらすじ。ユージーンの伏線

その後、ジョエルの居場所を突き止めて探索するも、大量の感染者に追われていたところをジョエルとトミーに助けられる。 エリーの複雑な復讐心は、殺すことと生かすことの可能性を等しく見せてしまったら、その複雑さがスポイルされてしまう。 物語の最後、エリーはジョエルからもらったギターを置いて、空き家となった農場を去る。 例えばアビーはそう思うからこそ、レブに「そんなひどい目に合いながら、まだ信じてるの?」と素朴に聞いてしまう。 直後、エリーの発言に激昂し殺そうとするもオーウェンに止められる。
5
なんといっても特徴的なのが屈強な筋肉質の体型ですが、アビーにはファイスモデルのほかにボディモデルも存在しました (この時からアイテム選択画面などが前作1と同じ仕様に戻っている) 途中立ち寄ったホテル内でブローダーと呼ばれる感染が最も進んだ熊のような巨大な感染者と戦う二人
がまったく示されていないか不十分です その後、シアトルに戻った後はかつて恋仲にあったオーウェンが失踪したことにより彼を探すために無断で単独で探しに行くも、WLFと対立するセラファイトに襲われて処刑されそうになったところを同時に処刑されかかっていたセラファイトの子供であるレブとヤーラに助けられ、二人を助けながらも共に逃亡する
戦いはエリーが優勢で、海に溺死させようとアビーの頭を押さえつけるが、左手の小指と薬指をかみちぎられる アビーを溺死寸前まで追い込むが、ジョエルの姿が脳裏に浮かんですんででとどまった PlayStation 4用ダイナミックテーマ• 彼女はジョエルの罪によって生まれた存在でありながら、ジョエルの罪に立ち向かい戦う存在でもある
家具も人もいない 二人と別れた後、水族館にてオーウェンを見つけるも、命の恩人であるレブとヤーラが気にかかるアビーは翌日、ヤーラの手術のためにレブとともに病院にある医療道具を取りに行き、ヤーラの命を救う
なぜ「戦え」とエリーはアビーに戦うことを強制させたのか トミーとエリーはパトロール中だ、トミーのスコープ付きの狙撃銃で山の奥にいる感染者を倒していく
かつてリーダーを失って一度は劣勢になったWLFを立て直し、FEDRA打倒を成し遂げた程、有能である反面、目的のためには手段を選ばないところがあり、レジスタンス時代にリーダーに推挙された際も捕虜にしたFEDRAの兵士を容赦なく虐殺するといった残虐な性格を他のメンバーに問題視されながらも最終的に新たなリーダーに就任した過去を持っており、現在でも捕虜にしたセラファイトのメンバーに自ら拷問を加えたりしているが、一方では部下からは「友人に甘い」とも評されており、アビーがジョエルに私的制裁を加えたいが為に仲間と共にジャクソンへ行くことに許可を出したり、また脱走したオーウェンに釈明のチャンスを与えようとし、オーウェンに会いに行くことを禁じていたにも関わらず、脱走してオーウェンに会いに行ったアビーに対する処分も躊躇していた アビーを殺すことは、本当に後悔しない選択肢なのか
ファイアフライ残党たちは、街の警備が来る前に逃走した 父親代わりのジョエルを撲殺されたエリーは、アビー含むファイアフライ残党への復讐を決意し追跡を開始する ジョエルという大切な人を奪われ、その復讐を果たす寸前でのピンチ
この感想には物語の核心に触れるネタバレが含まれます 他の人の感想やアマゾンのレビューには「ジョエルがあんなところで死ぬはずない」、「ジョエルは簡単に自分の名前を言わない」、「ジョエルはあんな簡単に人を信用したりしない」「死ぬならもっと感動的に死なさせて上げて欲しい」などなどの意見が見られた
79