森 会長 発言 動画。 森喜朗会長が「性差別的な発言」。海外メディアが続々と報じる

しかし、オリンピックの理念に反する発言であったとおもいますが、ご自身が責任をとらないことが開催への批判を強めてしまうのではないかと思うがどう考えるか? 森喜朗会長:「ご心配を頂いたということであれば、ありがとうございます。

森喜朗会長の女性蔑視発言とは?まとめ! 森喜朗会長の女性蔑視発言とは一体どのような内容だったのでしょうか。 頭も下げず。 誰か1人が手をあげていうと、自分もいわなきゃいけないと思うんでしょうね。 森会長は急きょ開かれた会見で、当初の発言は「不適切」だったとしたものの、「最近、女性の話を聞かない」と述べ、さらなる批判を招いている。 まとめ 今回は、 「森喜朗の謝罪会見全文「フル動画」まとめ!逆ギレ発言で火に油!」と題してお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか? 森喜朗会長の謝罪会見の全文とフル動画、そして、ネットの声もまとめてみました。 森会長はJOCでの発言については「オリンピック・パラリンピックの精神に反する不適切な表現だった」と述べ、「深く反省をしている。
91

女性っていうのは優れているところですが競争意識が強い。

組織委員会はとてもよかったと言っていますよ。

また、東京五輪の会長はホスト国「日本」の代表として誇れる人物に担って欲しいと誰もが思っていると感じました。

森氏の謝罪についても「いらだたしげで口先だけのものだった」とし、日本で辞任などを求めるが起きていることにも言及。

「私どもの組織委員会にも、女性は(中略)7人くらいおられますが(中略)みんな競技団体からのご出身で国際的に大きな場所を踏んでおられる方々ばかりです。

その声はかすれ気味で聞き取りにくい。

第三者としての視点を提供するという役割も担っていた。

25