ヤシ の 木 ポーズ。 仰臥で行うヤシの木のポーズ(こころとからだクリニカセンター)

利用 [ ] 熱帯地域では資源植物として重要であり、古来より多くの種がさまざまな方法で利用されている。 両腕は体側に沿って手のひら側を内側に向けて緩やかに伸ばす。 でも、このポーズ、簡単そうに見えますが、実際やってみるとバランスがとれずにかなりぐらついてしまいました。 属名は、果実が猿の顔に似ることからポルトガル語のcoco(サル)に由来する。 また、椰子殻を原料とした木炭であるヤシガラ炭は東南アジア全般で広く製造されている。 スポンサーリンク 木のポーズの手順・ポージング 【1】 直立して立ち、意識を右足に向けてしっかりと体重をかけます。 直立不動で立っているポーズは、 木のポーズと名付けられていますし、横向きになって膝を抱えてゴロンとしているのは 胎児のポーズと呼ばれます。 日本にたくさん植えられているシュロもヤシの仲間です。
73

姿勢改善• Livistoneae - Livistona chinensis、 、 、 など• 属名は、小葉の先端が尖るところから、ギリシア語のrhapis(針)に由来する。

生育環境は日陰にも耐えるが、日当たりの良いところを好み、単幹性の種類は日光が当たる方向へと生長していく。

顔は正面、遠くをやわらかく眺める。

このポーズは、足や腰、背中の筋力が強化されます。

今月紹介するのは椅子に座って行う「ヤシの木のポーズ」です。

経典には認められない【パールヴァタ・アーサナ/parvata-asana/山のポーズ】や【tala-asana/ターラ・アサナ】を指す場合もあります。

【3】 左膝を後方に向け腰を開いて、背筋を伸ばします。