コロナ イブプロフェン 系。 インフル・新型コロナに解熱鎮痛剤は大丈夫?

「抗炎症薬(イブプロフェン、コルチゾン・・・)の服用は、感染症を悪化させる要因となる可能性がある」「熱があるときにはパラセタモール(別名:アセトアミノフェン)を服用するように」と求めています。

葛根湯は風邪のひきはじめに効果があるのはご存知の通り。

うがいはウィルスの攻撃に適しています。

新型コロナウイルスに感染している疑いがある場合に抗炎症薬の「イブプロフェン」を服用することについて、「控えることを求める勧告はしない」。

このことは最近、弊誌(Le Figaro で、Annie Pierre Jonville Bera博士によって報告されました。

また、いずれもWHO必須医薬品のリストに含まれており、世界的にも効果の実証された歴史のある薬です。

とくに、小児や妊婦などには処方されず、広くではないが一般にも知られている事実のようだ。

その背景には何が?写真はイメージ。

本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

38