探偵 チーム kz スケッチ ブック。 嘘つき少女は知っている 《探偵チームKZ事件ノート》 (ページ7)

佐田 真理子 さた まりこ アーヤの同級生で、学園を去った武田菜穂に変わってグループを引き継ぐ形でグループリーダーとなった。

」 桜田さんが、小塚君に「怖かったよぉ~。

10月より10分枠の短編として放送された。

そのため法律にはそれなりに詳しく「KZ」メンバーからは時々皮肉を込めて「若武先生」と呼ばれる。

桜田さんは、私を見て一瞬笑った。

後、つかぬ事をお聞きしますが、どうやって作品を投稿するんですか。

ちなみに上杉はこのことをまだ知らない設定であったことから時系列は「桜坂は罪をかかえる」「いつの日か伝説になる」より前であることがわかる 10月より10分枠の短編として放送された
みんながニコニコ笑顔、桜田さんもニコニコ笑顔 アーヤのクラスメートで、元は不登校生だったが、父親の会社が倒産し、自由な時間が増えた事から学校に来るようになる
イラストは駒形が担当 スタッフ [ ]• 脚本だけでなく、作品全体のシリーズ構成も手がける 市川量也(イチカワカズヤ) TVアニメの他、CM、PV、ゲームのアニメーション監督や演出で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). でも、桜田さんを殴っている場所は、顔や足、手首など服を着ていてもわかる場所だった
探偵チームKZ事件ノートII キーホルダーは知っている(2016年3月23日発売) テレビアニメ [ ] 2015年10月から2016年1月までの「」枠にて、10分枠の短編アニメとして放送された 若武、上杉、小塚とは同じ塾のクラスメートであり,サッカーチームKZのチームメイト
探偵チームKZ事件ノート シンデレラの城は知っている(2012年8月9日発売)• 探偵チーム KZ事件ノート 恋する図書館は知っている(2018年7月14日発売)• それを知った小野塚に脅され証拠の入った携帯を壊されそうになるが、間一髪駆けつけた若武達の機転により救われる 藤本ひとみ(作)、講談社〈〉、既刊4巻• 探偵チームKZ事件ノート 緑の桜は知っている(2012年3月15日発売)• メンバーの中では一番背が高く、大人びた雰囲気がある
探偵チームKZ事件ノートI 消えた自転車は知っている(2015年12月28日発売)• 非常に周りの目を気にしている引っ込み思案 人との付き合い方に長けているマダムキラー
このように、若武とはいいライバル関係とも言える またこの時、原作では同時に手術も行ったため、視力回復によりレンズのない伊達眼鏡をかけるようになっている
またこのせいで女性が苦手気味になっていたが、アーヤと出会ってからは克服しつつある模様 探偵チームKZ事件ノート バレンタインは知っている(2013年12月12日発売)• 入ってきたのは、桜田さんと佐田真理子と佐田さんのとりまきだった
結構天然なところがある 探偵チームKZ事件ノート 黄金の雨は知っている(2015年3月14日発売)• メンバー間の揉め事をいさめる仲裁役であり、実質「探偵チームKZ」のサブリーダーポジション
最後のアーヤの名言が特に! 6月6日 23時 id: - 家族の絆系の物語大好きです 探偵チームKZ事件ノート 校門の白魔女は知っている(2019年8月10日発売)• 感情と成績の良し悪しが激しい事から「 ウェーブの若武」と呼ばれ、このせいで中学受験をKZメンバー唯一失敗してしまっている
本作の主人公 みんな桜田さんを慰めている
若武から「ミニ立花」と呼ばれている事から姉と容姿は似ている点があるらしい 探偵チームKZ事件ノート 七夕姫は知っている(2015年7月11日発売)• 探偵チームKZ事件ノートブラック保健室は知っている 2020年7月15日発売• アーヤのクラスメートで、元は不登校生だったが、父親の会社が倒産し、自由な時間が増えた事から学校に来るようになる
『 妖精チームG事件ノート』(ようせいチームジェニじけんノート)がより刊行 砂原自身は事件介入が無かったため釈放され、アーヤに改めて事件とバレンタインのお礼を言い再び行方をくらます
紫色の髪と菫色の目からは怪しげな雰囲気を漂わせている だが、仲間の才能を見抜く事には長けており、それと持ち前の行動力と周りが「放っておけない」性格がメンバーを結束させる事にも繋がっている
ITの天才で、人工知能の開発を手がけている TAKANE 声 - 「裏庭は知っている」事件の犯人
探偵チームKZ事件ノートII キーホルダーは知っている(2016年3月23日発売) テレビアニメ [ ] 2015年10月から2016年1月までの「」枠にて、10分枠の短編アニメとして放送された また、同 から「 KZS KZスケッチブック 」が刊行されており、これは 『探偵チームKZ事件ノート』と主に同じ人物が登場している短編集となっている