勘 の いい ガキ は 嫌い だ よ。 勘のいいガキは嫌いだよ

しかし、企業は儲けよう、儲けようとするためなかなか解約させない。 その後、再び『人語を理解する合成獣』の錬成に成功。 なんてことにはならず、むしろ大喜利が 完全に脱線どころか暴走を始め、ハガレンのキャラや場面に番組出演者のセリフや企画をあてはめたもの(例えばというセリフにエドが腕を失ったシーンを掛け合わせ「 ケツの肉をもってかれた」など)から、番組がきっかけで一躍有名となった局のマスコットをアルフォンスのようにの魂を憑依させたものやキメラ扱いしたもの、終いには「アルのアクターはヤスケンにやらせよう」「キメラの代わりに」「やの出番はまだか」と 最早「ハガレン実写化」ではなく「どうでしょうとのタイアップ展開」扱いされるようになってしまった(ちなみに何の因果かハガレン原作者の氏もれっきとした道民である)。 それまでは特に違和感を感じることはなかったエドワード・エルリックだったが、 彼の研究について調べていると、ある異変に気付く。 エドワード兄弟は、ぜひ錬成されたキメラをお目にしたいということで、 ショウ・タッカー氏の 娘であるニーナと 愛犬アレキサンダーと 仲良く遊びながら、ショウ・タッカー氏の研究を待った。 広告はアニメぷれいす程ではないが卑猥だ。 そんな中、不遇な彼を励ますために妻が言った「なんでも言ってね、力になるから」という言葉を 歪んだ形で捉えてしまうという、彼が狂気に目覚めるまでの経緯が描かれた。 人を理解する合成の研究が認められてとったのいつだっけ?」 「ええと…2年前だね」 「さんがいなくなったのは?」 「……2年前だね」 「もひとつ質問いいかな」 「と どこに行った?」 「……君のような勘のいいガキは嫌いだよ」 作数の胸であり、変したタッには少なからぬを受けた。
82
痩せ気味でやや小柄、気弱で優しそうな顔をしており、性格も真面目で控えめである。 2021-07-09 16:52:02• のを集めるため、である「命の士」を訪ねるエドと。 タッは人を解する合成の研究でのを取得したが、2年前に妻にられ、の、大のと共に暮らしていた。 おまけ4コマ「もしエドの方が肉体を失っていたら」では鎧(オーガヘッド)になったエドに 「タッカーテメーコノヤロー」とフルボッコにされ、手足が機械鎧になったアルが マジ泣きしながら止めに入っている。 ショウ・タッカーとは、「」及び「」「」に登場する。 さらにいうと全27巻の単行本背表においてを含めたどんなも死んだら基本的にに昇っているのにも関わらず彼らの中で一送りになったのはこの男だけである。 そして、エドワード兄弟が彼を訪ねた際も資格を維持するため功績に悩み、 2年前と同じく再度キメラの錬成に取り掛かっている最中であった。 上記は殆ど原作と同じと言えるが、エドに全てを見抜かれた後にアルに「ニーナとの生活を守るために査定を通らなければならなかったのではないのか」と聞かれた際は「キメラを作るのに理由などない、そこに可能性があったから試した」と平然と発言しニーナを元に戻そうとしたエドに 「母親のようにしないようになっ!」と憎々しげに吐き捨てるなど半ば精神的に追い詰められ狂気に駆られるままに家族を犠牲にした原作に比べ、 明確な意思を以て家族を犠牲にしているのでより性質が悪くなっている。