ブルマイ スター ツヤ クワガタ。 ブルマイスターツヤクワガタについて

アルロトプス ローセンベルギ Allotopus moellenkampi モーレンカンプオウゴンオニクワガタ アルロトプス モンカムピ Allotopus moellenkampi babai ババオウゴンオニ アルロトプス モンカムピ ババイ Allotopus moellenkampi moseri モセリオウゴンオニ アルロトプス モンカムピ モセリ Allotopus moellenkampi fruhstorferi フルストルファーオウゴンオニ アルロトプス モンカムピ フルフストロルフェリ? もちろん飼育でも簡単に出ないからそうだろうけど。
幼虫入手 2019年11月15日 オークションでニーラギリ丘陵産 初令3頭を購入、1頭をオマケしていただき計4頭体制でブリードに臨みます 次回は羽化まで記事ないかもしれませんが(羽化まで持っていけないかもしれませんが)、めちゃくちゃデカくなっていたりしたら記事にするかもしれません
落ち着くまでは密閉せず、暫く様子を見れば良かったか… 2020年8月中旬-下旬 出来るだけ坑道を破壊しないようにマットを部分的に交換します 野外品が山のように入ってくれば一気に値崩れするでしょうが、それは望めない気がします
はじめに 今回はブルーマイヤクワガタ( Odontolabis burmeisteri burmeisteri)の幼虫-羽化までの飼育記録になります ゲニ取ろうとしたら、腐っていたので腹壊れちゃいましたね
売り切れだったけど 特にこれも問題が無いようです
本種は野外レコード105mm、飼育レコードが109. マンディブだってワインレッドのもいるし、パリー elongatus だって赤が多くて綺麗だしなぁ 2020年4月25日 最大個体の31g を5Lタッパーへ投入
学名が決まっていない種もいる アンビタル零、UBF42、0F、OAKS T-117、FFOAKS ・D. 2020年4月初旬 4頭中3頭のマット交換
だからインドの虫は高価だし、は野外品は皆無 また、多産種のようでして、マットにバラまくように産卵するとか
81
容器がタッパーだと部分交換が容易です。 ニーラギリ県は4つの区に分かれていて、平均海抜1,500m-2200mの高地で冷涼な気候です。 大体ですが5頭で1万円程度で入手できました。 caucasusにいるね。 他のクワガタやカブトは2齢の段階で雌雄判別が大体できるのですが、ツヤクワガタの雌雄って頭幅や体重以外で判別できるものなのでしょうか? マルバネクワガタと同様に、幼虫は白色腐朽材の腐植(樹洞や立枯れの根際や倒木の下にたまった泥状の腐植物)食性であると考えられている。 でも向こうから来るのはフランス、ばかりだね。 細身で両顎との間隔が広い。 あとはボトルの中心に穴を掘ってあげてから、幼虫を投入しました。
67