天国 と 地獄 真犯人。 天国と地獄 八巻が犯人説を考察!入れ替わり察知や手袋・位置情報オンもわざと?

日高陽斗が隠し持っている証拠品の中にマンガがある 最近、彩子の言動が変わってしまった(中身が日高に入れ替わってるためですが)ことを感じていた陸は心配します
そして警視庁の捜査一課・五十嵐公平と警察署で会議を開いている捜査一課の課長・十久河 広明も名前に数字が入っていてこのドラマには名前や名字に数字が入っている登場人物が多くいる 最終回まで、「あーでもない、こーでもない」と考察しながら楽しみたいですね
女の人と入れ替わって、男性として生きてきたというのです この望月の過去の失敗とは、、これが「法で裁けない悪い奴ら」に該当しないだろうか、、
また、けっこう1人で行動してるんですよね これで惑わされ、見逃したらいけないと決意した彩子は、「四方忠良の頭を殴っている動画を警察に見せる」と日高に迫り、これ以上の殺人を止めるよう要求します
「高次の」って言うとかっこよく聞こえますが、要は「邪道」の考察の仕方です(笑) 八巻が真犯人である7つの理由 溝端淳平の使い方がおかしい ポンコツキャラがハマっていてかわいい、なんて評価も聞こえてくる溝端淳平さんですが、溝端淳平さんって・・そんな「若手俳優」でしたっけ?? 1989年生まれの30代です この曖昧な関係はどのような今後展開を見せるのでしょうか

個人的には日高と彩子が手を組んで逮捕したことや、 動きが取れないことから犯人である可能性は低いと考えますが、 ボストンの事件が連続殺人事件と関係があるのか気になりますね! 東朔也(あずまさくや) 6話で突如出てきた名前・東朔也。

逆に陸の表情は時折ギョッとするような狂気を見せている気がするんだよねー。

長男は置いていけと言われ、日高のみを連れて出ていった事が明らかになりました。

昨日師匠 湯浅 の掌のホクロを確かめようとしていた陸。

一方、彩子(日高)はコインロッカーを何者かが開けたことに気づき、陸にカマをかけて一瞬で陸が開けたことを見抜きます。

高橋一生は犯人ではない? 「ドラマ内では、日高が殺人事件の犯人だという線で進んでいます。

ただただ悲しい終わりになるわけではないと思いつつ、東役、迫田孝也さんの悲しい演技が切なかった。

連続殺人を実行するサイコパスな人物として 彩子は容疑者として追っていました。

5
もっと別の真相が隠されている」 真犯人は日高!殺人事件の話は日高の一方的な話だ 真犯人はやっぱり日高!という大ドンデン返しがあるのだろうか 家庭用ではなく業務用の洗浄剤で、プロが使用するものですね
学校のそばなのかどうかは分かりませんが、「 数字」が描かれるのも歩道橋 日高陽斗の双子の兄であるようですが、奄美大島を2人で訪れたときに入れ替わっている可能性は残っています
彩子はある朝、出勤時間ギリギリに起床 日高はサイコパスの条件を満たしすぎている」 北村一輝こそ安定して一番怖い人です まだ、入れ替わりの謎が残っている
さらに東<日高>は、十和田元とも入れ替わってしまう 陸に数字の落書き消させたのも師匠
ということは犯人をかばいたい、守りたいか、犯人に感謝するところがあるということではないか?ここもまだ理由はわからないです 望月綾子の刑事としての過去の失敗とは! そして、殺人予告「9」・久米正彦さんが殺害されると思い、日高(中身・彩子)と八巻が張り込みをしていると… 謎の男が、張り込みに気がつき、Uターンをして帰って行ったのです
「日高はるとさま」と書かれた封筒と奄美大島行の搭乗券の半券• いつも定時で帰りたがる これは、八巻は周りにはわからない時間を過ごしているということだと思います 話の本筋やストーリー、物語の中で明かされるヒントから考えたものではなくて、出演者である俳優のことや制作の仕方など、「ドラマの作り」の方、高次の視点で見た考察です
はやく東朔也の正体が知りたいですね!. ライバルの河原刑事と手柄を取り合っていた という解釈もできる
そして、便利屋の陸に落書きを消して欲しいと、掲示板で依頼してきた人物の名が「 クウシュウゴウ」でした 手紙が小学生のような字で書いてあったことから「 日高が小学生のころ」に入れ替わりが発生していた説も
しかし賭博していることがばれてしまい逆に逮捕されてしまいます 今後の「天国と地獄」から目が離せません!. 陸がたまに、彩子を怪しい表情でみているのは、湯浅から何か吹き込まれたからだと考えられる
60