最後 の 晩餐 音符。 平松愛理 最後の音符 歌詞

不安な人々は誰かに守ってもらおうと考え、大衆として時代に飲まれることになります。

その 不協和音の位置を見るとキリストを裏切ったと言われている 『ユダ』の位置なんです。

82人の女性アーティストすべてが絵画全体の一部である。

「最後の晩餐」はサンタ・マリア・デッリ・グラッツェ教会付属の食堂の壁画として描かれた。

これには、イエス・キリストが処刑され、後に復活を遂げた際に、一人だけイエス・キリストの復活を信じなかったというエピソードがあります。

しかし、仔羊の血で門戸に印をしておくことで災いは過ぎ越されるといった教えがあり、ユダヤ人はそれを守って災いを免れ、奴隷生活を脱したのでした。

しかしレオナルド・ダ・ヴィンチはそれでは満足しませんでした。 そのなか10番目の災いが、エジプト全土の人間から家畜に至るまでの全ての初子を消すといった内容のものでした。 ユダとイエスの不自然にあげられた手 この手の形は明らかに違和感がある。 。 《マルコによる福音書》14章17節以下の記事によると,この晩餐の席上で,イエスは自分を裏切ろうとしている者 イスカリオテのユダ がいることを指摘するとともに,パンとブドウ酒をとって,それらが自分の体であり,多くの人のために流す契約の血であると言った。 きれいなメロディーの中に隠された不協和音にはどんな謎が隠されているのでしょうか? 不協和音の音符は「最後の晩餐」のどの位置にあたるのかを見てみると、キリストの弟子「ユダ」の手の位置とわかります。 ユダはイエスを敵視しているユダヤの祭司長たちに、銀貨30枚でイエスを売り渡した。
78