踏まえる 意味。 「鑑みる」と「考慮する」「踏まえる」の違いとは?「顧みる」も分かりやすく解説

4
接続詞として使用される言葉は、ひらがなで表記することが基本ですが、 「及び」「並びに」「又は」「若しくは」は例外として漢字で表記されることがほとんどである接続詞ですので、頭にいれておくといいでしょう。 一つ目の「鑑みる」を使った分かりやすい例としては、「時局に鑑みて決定する」「前年度の売り上げに鑑みて予算を増やすことにしました」「米国の取り組みに鑑みるとまだ改善んの余地がある」「彼女の失敗に鑑みて私達は新たな方法を考える必要がある」などがあります。 「考慮する」とは、行動を起こす前に色々な要素を深く考えることを意味します。 「踏まえて」は「配慮して」という意味がありますよね。 総合的に勘案する• 技術者としての経験を踏まえてお話ししたいと思います。 現在の状況を勘案して、決行すると判断しました。 」などと言うと少々堅い響きになります。 元々は お役所言葉ということもあって、「様々な意見を勘案した結果. 「鑑みる」を使った分かりやすい例としては、「彼の取り組みに鑑みると自分は練習不足感が否めない」「これまでの結果に鑑みると彼女を推薦すべきだろう」「前回の結果に鑑みるとまだ改善の余地がある」「利用状況に鑑みて運行可能か判断する」などがあります。 事故に遭わないように、ミスをしないように、前例の失敗を踏まえて行動して下さいと指導する時に用いられます。
65
詳しく調べ当否を考えること」です 自分が「踏まえる」という場合は良いのですが、相手に「踏まえてください」という場合、「配慮してください」と言っていることになります
「鑑みる」に関しては、 「〇〇に鑑みる」が正しい使い方です 基づいて(それを拠り所として)• 前で説明した物事をまとめて、結論を言う時に「踏まえる」と使われることが多いと思いますが、改めて「踏まえる」意味を聞かれると答えられないものです
また、 「踏まえる」という語も近い使い方をすることが可能ですが、 考えや判断をする根拠となることを表す場合に用いるという部分で違いがあります 「踏まえて」の誤用 動詞「踏む」と接続詞「踏まえて」の混同に注意! 「踏まえて」は、 動詞の「踏む」と接続詞の「踏まえて」の混同に注意が必要です
「念頭」は「心の中」や「胸の内」の意味、「念頭に置く」で「自分の心中にいつもとどめて、覚えている」という意味になります 一方「配慮する」とは 状況や事情を踏まえて、思いやりのある計らいや対応をすることという意味です
」のように、自分が行ったことに対しては、「踏まえる」は謙譲語としてそのまま使用することができます 踏まえるの類語は? 「踏まえる」と意味が似ている語である類語は、どのようなものがあるでしょうか
「踏まえる」の意味とは? 顧みるとは、振り向いて後ろの方を見る、過ぎた事や他人の事を振り返って考える、過去の事柄や過去の経過してきた過程の有様について考えてみる、他人や物事を気にかけながら心配りをするといった意味があります では、「勘案」の意味を正しく理解しているでしょうか
そこに原因がある 多くはよい意味で使われ、相手の事情を深く考えたり思慮深い言動を行うことを表します
53