鏡餅 飾る 時期。 鏡餅はいつからいつまで飾る?時期や場所など飾り方を調査

鏡餅って そもそもなに? なんのため? 鏡餅は 年神様がとどまる場所 この記事を読み進めると鏡餅のこんな内容が分かります• 分かりやすい例に 「数え年」があります 早ければ12月13日の『正月事始め』にあわせて、年神様をお招きする準備をします
手に付着している雑菌が鏡餅へと移動して、カビの原因になります 妊娠中や産後間もない女性は子どものことを願いながら鏡餅を飾ってみてはいかがでしょうか
お餅は乾燥するとひび割れが生じるため、木槌で軽く叩いて小さくします 焼酎や食品用除菌アルコールを塗る• またお餅は二段重ねが基本です
なお、鏡開きの日は1月11日、関西圏は1月20日です 鏡餅のカビ対策はこの4つで決まり 鏡餅にカビが生えてしまわないように対策をするのとしないのとでは違いが!4つの対策 鏡餅はいつから・いつまで飾るもの? 本来は床の間や神棚などに飾る風習がありましたが、 現代では鏡餅を飾る床の間がない場合が多いのですがどのような場所に飾ったらいいのか実例で紹介しますね
あと、鏡餅には一般的には「丸い餅」が使われますが、「四角の餅」を飾る地域もあります 地域にもよりますが、鏡開きは『1月11日』が一般的です
その他、良く言われているのは ・28日は「末広がり」になるので縁起が良い ・29日は「二重に苦しむ」という語呂合わせで避けた方が良い ・31日の大晦日は、「1日飾り」で神様に対して失礼なので避けるべき ・「大安吉日」が縁起が良い こんな感じでしょうか スポンサーリンク 鏡餅を飾る時期はいつからいつまで? 鏡餅を飾る時期はいつから? 鏡餅を置く時期ですが、クリスマスが終わった「26日~30日」に飾るのが一般的ですよ
16

そう、刃物を用いるのは 「切腹」を彷彿とさせて 縁起が悪いとされているからです。

ふるさと納税の仕組みについて 詳しくはこちらをどうぞ 鏡餅を飾る場所は?飾る期間はいつからいつまで? 鏡餅を飾る場所は 本来は床の間がいいとされています。

広さが限られているトイレは、専用のスペースを作れないことも珍しくありません。

まず、鏡餅が載っている台ですが、これは三宝と言って昔から神事の時には使われていた台です。

この鏡開きの日も 地域によって差があります。

ちなみに、それぞれの飾る物には以下のような意味がありますよ。

58
また、31日から飾る「一夜飾り」「一夜餅」も避ける地域が多いようですが、宗派や地域によってはこの日を選んで飾る場合もあるそうです。 鏡餅は年神様の依り代です。 年神様は、新しい年の幸福や恵みとともに、私たちに魂を分けてくださると考えられてきました。 ラップをかけずに電子レンジで軽く加熱し、内部をやわらかくするのも一つです。 昔の鏡は青銅製の丸形で、神事などに用いられるものであった。 また、「子生」(こぶ)と書いて子宝に恵まれるよう願います。 餅というのは稲の霊が宿るハレの日の食べ物で、食べると生命力が与えられるとされています。 鏡餅の上には『橙(だいだい)』を乗せ、てっぺんには末広がりの縁起物である扇を飾ります。 しかし反対にトイレは不浄な場所なので置かない。 家族が集まる場所に飾る 自宅に飾る際は、家族が集まるリビングや茶の間、床の間に置きます。
18