呪術 廻 戦 113。 【呪術廻戦】元ネタ集(0~13巻)

その時、甚爾が攻撃を仕掛けてきました。

呪霊を狩るだけの高専の方針を「対処療法」として呪霊被害の根本的解決にはならないと考え、呪霊の発生を防ぐ「原因療法」で呪いの無い世界を作るために世界を回っている。

その一方、五条は内心で彼女を信頼していた。

力以外の序列を嫌い、自身が「強者」と認めた相手には強く興味を持ち、逆に「弱者」とみなした相手は一方的に痛めつけて楽しむ。

でも虎杖もけっこう頭使って戦ってるんですよね。

髪が長く、身体中継ぎ接ぎだらけの青年のような姿をしている。

小学3年の時点で高校生を打ち負かすほどケンカが強く、退屈した日々を送っていたある日、九十九由基に退屈から解放されることを期待して彼女についていき、呪術師の道を歩むきっかけとなった。

99

五条や、呪術界の上層部からはその強大さを危険視されていた。

硝子が「それは学長の判断のおかげですよ、七海に呼ばれてからじゃ間に合わなかった」「その七海をすぐフリーにできたのも大きい」「アイツに電話番をさせるなんてありえないですもん」と言うと、夜蛾は「タバコ、やめたんじゃなかったのか?」と聞き、硝子は「・・・少し、学生時代を思い出しまして」と答えていく。

順転と反転の力を衝突させることで生成された仮想の質量を押し出す複合術式。

応用力のある術式や宿儺さえも警戒させる術を持っているが、それらを十分に使いこなせていないようで、宿儺には「宝の持ち腐れ」と評されている。

芥見先生からの直筆コメントも合わせてご覧いただけますと幸いです。

呪霊 人間(非術師)から漏出した呪力が澱のように積み重なったことで形を成したモノ。

冥冥曰く「術式無しで1級まで上り詰めた」実力者で、彼以降、同様に昇級した1級術師はいないという。

また、の耐性も非常に高く、元来猛毒である宿儺の指を食しても死亡せず、宿儺が受肉した後も自我を保った上で宿儺を抑え込むことができており、故に宿儺の封印から1000年間生まれなかったとされる 「宿儺の器(すくなのうつわ)」となった。