建設 キャリア アップ システム と は。 建設産業・不動産業:建設キャリアアップシステム

95 44
レベルの判定は事業者が本人の同意のもとで行い、経験やスキル、マネジメント力などが評価されます 建設キャリアアップシステムの運営費用が、予想外に高くなってしまったというのが理由です
技能者の方が申請を行う際には、本人確認に必要な書類(運転免許証等)の写しを提出していただき、本人に間違いが無いことを確認したうえで登録され、一人ひとりにIDを付与したICカードを交付します 例えば、いつ、どの現場で、どんな立場で(責任者として、職長としてなど)、何日間就業したのかというデータです
登録により、技能者には、ICカード(キャリアアップカード)が配布されます また、一人親方も事業者となり得ます
支払いは年に1回、IDが交付された月に行います 「建設キャリアアップシステムの事業者登録をしていること」及び別項目の要件を満たしている場合、5点の加点
登録型 料金 簡略型 2,500円 詳細型 4,000円 最低限の項目だけを登録する『簡略型』と全項目を登録する『詳細型』と料金が異なります 公共工事に参入している建設業者さんには、見逃せない制度となっています
技能者本人は、パソコンやスマホを使ってそれまでに蓄積された情報をいつでも閲覧でき、自らの経歴等を確認、または証明することが可能となります 指定の顔写真つきの書類を用意できない場合は、インターネット申請が行えず、下記4の書類を準備のうえ本人によるでの窓口申請のみ可能となります
建設キャリアアップシステムの登録後にはどんな操作が必要になるの? 建設キャリアアップシステムに登録後は当然にシステム操作が必要になります どのような操作が必要なのか、必要な操作がわかったとしてもその操作をするには どうすればいいのかわからないなど システムの活用方法がわからなければ 登録した意味がありません その登録後の操作方法についても前述した膨大なマニュアルを読むしかありません 非常に面倒で意気消沈しちゃいますね・・・ このように建設キャリアアップシステムに登録するにはどうしても 乗り越えなければいけないハードルがあり、これらのハードルが 「登録するデメリット」に直結しているのでは?と私は考えます この 建設キャリアアップシステムそのものはデメリットと私は考えておりません なぜならこのシステムは、皆さんが今まで積み上げてきた実績を 今後の建設業を支える柱としていくわけですので、 決して建設キャリアアップシステム自体にデメリットが存在するわけではありません しかしながら費用の面に関してはどうしても必要なことなのでデメリットと感じやすくなるかも しれませんが、それ以外の部分ではどうでしょうか お金もかかる上、登録画面で四苦八苦・・・そんな登録のすべてをご自身が抱える必要がないのでは ないでしょうか 建設キャリアアップシステムに登録しないことによるデメリット 先ほどは登録するまでのデメリットを書きましたが、 今度は 登録しないことによるデメリットについて記載します 現在、建設キャリアアップシステムの登録は任意ではありますが、大手ゼネコンは 建設キャリアアップシステムへの登録を推奨しています ということは、そのゼネコンが管理している現場に入るときは建設キャリアアップシステムに 登録していないと入れないということになります これがまず、建設キャリアアップシステムに登録していないことによるデメリットとなります これは大変なことです 仕事をもらえないということですから・・・ 大手ゼネコンも下請事業者に仕事を振れなくなるので、下請事業者に建設キャリアアップシステムに 登録するようプレッシャーをかけてきているという話をたまに聞きます その他には、建設キャリアアップシステムに登録することによって、公共工事の入札や 経営事項審査の評価点が加点されるということがありますが、地域によって多少異なります 一概には言えませんが、やはりこの加点といったことを鑑みると 建設キャリアアップシステムに登録しないことによるデメリットとなります 失敗しないシステム導入のポイント 前項を踏まえて、 「建設キャリアアップシステム導入に失敗しないポイント」とは 何かを本項で紹介したいと思います せっかく事業者さんや技能者さんが導入への一大決心をして望むキャリアアップシステムですので 失敗する可能性は極力排除しなければいけません それでは 「建設キャリアアップシステム導入に失敗しないポイント」を探っていきましょう! 失敗しない運用を行うこと 私は建設キャリアアップシステムの運用成否のポイントは「導入初期」であると考えています 事業主さんや技能者さん、事務員さんなど多くの会社関係者が初めてシステムに触れ合う時期が 初期が大切なのです 初期のシステム操作はそう多くはありませんし、そう難しくもありません しかも今後、ずっとその操作を繰り返します これは元請事業者の大きな負担となり、最大のデメリットともいえます
公共工事への現在の影響 経営事項審査のところと内容は多少被りますが、既に公共工事への影響は出てきています 現場に入場した職人の人数と日にちによって加算されていきます
4