足 壊死 前兆。 糖尿病による壊疽の早期発見と予防法とは?

驚いた私は、ちょうど外出先から帰宅した妻のYに見せました。

糖尿病患者の9割を占める二型糖尿病は、生活習慣病が原因となりやすい病気であり、中高年以上で多く見られます。

しかし、ご本人のご希望もあり、 切断せず、そのままにしておくことになっているようです。

俺は病気になったから大切なことに気がついた。

従って装具(足底板など)による歩行時の足変形の回避やフットケア(皮膚の清浄化、乾燥予防、足白癬回避、爪管理など)を定期的に実施して、足潰瘍の危険因子を除去していくことが大切です。

これは後から知ったことですが、私の病状が悪化していくにつれ、妻にも相当つらく、怖い思いをさせていました。

上記の要因の特定のために下記の診察や検査を施行します。

この症状は徐々に進行するため、次第に感覚が鈍くなり痛みを感じにくくなります。

6 15