南部 美人。 南部美人

飲んだときに笑顔があふれる太陽のような酒を目標に、多くの人が南部美人の酒造りに携わり、岩手県二戸市の日本酒を世界に向けて発信しています。
それをずっとやり続けないといけない。 酒造りのこだわり、海外輸出、日本酒が飲めない人のお酒も開発、名前由来までさまざまな魅力がある南部美人 南部美人は、旧称である南部ときれいで美しい酒を造りたい思いが込められた名前由来があり、創業から酒造りの伝統を受け継いできました。 だけど、育てるにしても人がいない。 吟醸の部:「優等賞」• 南部美人の歴史と情熱 株式会社南部美人の創業は明治35年です。 本醸造 本生酒• 概要 [ ] 地元岩手県産の(「吟ぎんが」「ぎんおとめ」など)を中心に使っている。 そのほかにも、酵母や麹の発酵促進が期待できる折爪馬仙峡の伏流水を使用していたり、銘柄によって絞り方を変えていたりと、随所にこだわりが感じられる老舗の蔵元です。 【營業時間】09:00~18:00 【交通】自JR二戶站步行約10分鐘/自駕約1分鐘即可抵達。 南部美人は、この「吟ぎんが」と「ぎんおとめ」を使用して日本酒造りを行っています。 地域密着の農商工連携による地産地消の日本酒造り(テロワール)や、「果実リキュールの製造方法及び果実リキュール」として特許を取得した、糖類甘味料を一切使わないリキュールの製造もしている。 吟醸酒 吟醸しぼりたて生原酒• 『視覚』のデータ化ならば、現在の技術でも可能だし、実現すれば、後継者不足の問題についても、何かできるかもしれない。