巧遅 は 拙速 に 如 かず。 孫子の兵法「巧遅は拙速に如かず」はビジネスの基本であり、言葉の媚薬・劇薬をからめるといろいろな人間性が見えてきます

孫子の兵法「巧遅は拙速に如かず」はビジネスの基本といいますが、そこに言葉の媚薬と劇薬をからめるといろいろな人間形成が可能と思います つまり「巧遅は拙速に如かず」の本当の意味を考えるうえで大切なことは「拙速」の内容で、求められる品質とそのレベルに達したらそこで完了させる2つの判断によって、巧遅に勝る拙速となるのです
「巧遅は拙速に如かず」の意味は? 「巧遅は拙速に如かず」は速さ優先ということ 「巧遅は拙速に如かず」は「こうちはせっそくにしかず」と読み、「巧遅は拙速に勝る」あるいは「巧遅拙速」と四字熟語の形で用いられることもあることわざです 「如かず」は、及ばないという意味があり、全体で出来がよくて遅いものは、下手だが速いものに及ばないということを表しています
拙速は巧遅に勝る 中国の兵法書「孫子」には、「拙速(せっそく)は巧遅(こうち)に勝る」という格言があります 「まずやってみること」 が大切であり、 「行動こそがすべてを変える」 のです
「巧遅は拙速に如かず」と孫子との関係 孫子の言葉といわれる「巧遅は拙速に如かず」 「巧遅は拙速に如かず」は現代のビジネスマンの間でもよく使われていて、中国の兵法書として有名な『孫子』が出典であるといわれています 喜んでいただくことは叶いませんでした
——————————————- 最初の1枚をいかに早く出せるか ——————————————- 私が経験した米国資産運用企業での仕事の進め方が、 この中国系ベンチャーのやり方によく似ています 「拙速な判断の責任を問われる」など、報道ではこのように「早すぎた愚策」と批判の意味で使われることが多い「拙速」
たとえ、60点の仕上がりでも、「まだ未完成ですが…」と迅速に開示していけば、お客さまとのズレに気づいたり、修正する時間も捻出することが可能となります スピード重視の現代社会では多くの場合に拙速が歓迎されますが、速さだけで勝負していてはいずれ機械に負けてしまうでしょう
これが当てはまる事 ただし、あまりに仕上がり度合いが低いのはNGですが
仕事がずば抜けて早い人は、それだけで光り輝くのです 『文章軌範』は実は科挙(現代日本で言うところのキャリア官僚採用試験)のための 受験参考書として編まれたものなのである
85 42