日経 mj。 日経MJ、遂に電子版の単独購読が可能に「月額2,000円で7月1日から」

一番の目玉は1面で、内容は流通業界の主要ニュースでなく、特集記事 専門誌のようなので、普通のコンビニには置いていないようです
・・発行だったのを(平成16年)10月から・・発行(のみ)に変更した 普段から日経新聞の記者と付き合いのある上場企業でもなければ、メールで日経新聞社にプレスリリースを送ってもまず取材されません
(13年)4月の創刊30周年を機に『日経MJ』に名称を変更 の『』にて、MJが企画協力する特集コーナー「MJ WAVE」を放送している
【国際報道センター(旧・ 国際アジア部)】=アジアや海外関連のビジネス情報 最近のアジア各国の経済成長を背景に、日経新聞ではアジア経済の報道に力を入れるようになっています そうした話題ものは、社会部の記者に知らせましょう
火・木・土曜発行だったのを2004年10月から月・水・金曜日発行(朝刊のみ)に変更しました (記事を書いているのは、2017年11月24日) なぜかと言うと、そこにはが載っているので
コンビニを覗いてみても置いておらず 書店の店員さんに「コンビニになら置いてあるかも」と言われたので、書店を回りながらコンビニも数件回ってみました 2001年4月の創刊30周年を機に「日経MJ」に名称を変更
でもそれ以外の証券会社でも日経テレコン利用無料の証券会社がある 2001年4月の創刊30周年を機に「日経MJ」に名称を変更
その証券会社とは・・・ 口座開設することで日経テレコンが無料で使える証券会社 ただし、東京の一等地にあるコンビニです
77
あなたが地方で活動しているなら、地元の支局にプレスリリースを送る=地域面での掲載を狙う、ということが狙い目です 消費者にとって身近な生活にまつわる情報は、生活情報部にお知らせをしましょう
「取材を獲得する」という本当の意味での成果をつかみたいなら、「郵送」でしかるべき部署にピンポイントで届けていくのが正解です 一番の目玉は1面で、内容は流通業界の主要ニュースでなく、特集記事
しかし、日経MJだけを読みたい(しかも電子版で)という人にとっては、単独サービスの開始はかなり有用なモノになるでしょう 【社会・調査報道ユニット(旧・ 社会部)】=福祉や公共、社会の身近な話題 社会部の記者が、社会面に記事を書いています
また、日経新聞のほかに、 「日経産業新聞」「日経MJ(流通新聞)」「日経ヴェリタス」といった姉妹紙も発行しています 21世紀に到来する「知識社会」においては、知識を獲得するのか、それとも回り道をするのか、その選択を迫られることになります
ですが、ある程度の記者経験を積んだ中堅クラスの記者で、それなりの実力があります スマホやタブレット向けの専用アプリで、 日経MJの紙面を閲覧することができるようになります
49