三重 県立 美術館。 三重県立美術館

三重県観光連盟""(2011年4月23日閲覧。

必要な方はお声をお掛けください。

また記念館1階部分にレストラン(ミュゼ・ボンヴィヴァン)がオープンした。

実際に開館したのは同年の9月25日である。

本展では、この貴重なコレクションのなかから、若冲の作品15点をご紹介するほか、若冲を生み育んだ「京(みやこ)」の歴史・文化を伝える古美術品の数々を展示します。

歴史 [ ] 1982年 昭和57年)に開館。

75

初代館長は、で後にの館長を務めた。

細見家三代の審美眼によって選び抜かれた美術品は、質の高さはもとより、日本美術の各時代・分野を網羅し、実に多彩です。

・6月6日(日)、26日(土)、7月3日(土)、22日(木・祝)、8月1日(日)の14時から17時は、触れる作品の数が増えます。

三重県総務部予算調整室(2011)""• 「私」が自分から作品に〈アクセス〉するためには、どのような工夫が必要でしょうか?この展覧会では、障がいのある人向けの教材やプログラムにヒントを得ながら、触覚や聴覚を活用した鑑賞や、想像力でさまざまな感覚を結びつける鑑賞を提案します。

「都会女性職譜」1933• 「パッラーディオのタリア柱廊」1937• 1km)• 本展では、初期から現在に至る絵画作品に加え、彫刻や陶作品なども展示し、その多彩な芸術活動の全容をご紹介します。

開館当初の1982年(昭和57年)中部建築賞受賞。

*会場は2階常設展示室1-3室および企画展示室4室になります。

「青い服を着た若い女」1876頃• ・展示や作品の解説の一部を、音声で聞くことができます。

89

関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

金刀比羅宮には、表書院、白書院(田窪恭治が椿の障壁画を製作中なので椿書院とも言われている)、奥書院、高橋由一館、宝物館、金昆羅庶民信仰資料収蔵庫など文化財を収蔵または展示している施設があり、多くの美術品を所蔵している。

本展では、初期から現在に至る絵画作品に加え、彫刻や陶作品なども展示し、その多彩な芸術活動の全容をご紹介します。

14時から16時までのお好きな時間帯に立ち寄れます。

「瀟湘八景」1963 日本洋画 [ ]• 建物は富家建築事務所の設計、の施工による。

2005年(平成17年)にはの作品展を開催したが、後に和田の作品が画家・の盗作であるという疑惑が浮上し、館長名義で「お詫び」を出した。