持続化給付金 新規開業 2020。 【持続化給付金】個人事業者の2020年新規開業特例の取り扱い│松野宗弘税理士事務所

52
スポンサーリンク 個人事業者の2020年新規開業特例 2020年1月1日から4月1日までの間に、他の事業者から事業を承継した場合に、「事業承継特例」として持続化給付金の支給対象でしたが、新たに「2020年1月から3月の間に開業した個人事業者」も支給対象に追加されました。 持続化給付金2020年新規創業特例は、税理士の署名又は記名押印が必要!• 令和2年度の第2次補正予算で措置されます。 A( 1月から 3月までの事業収入)については、 20+ 60+ 40=「 120万円」となります。 また、2019年1月から同年12月の間に法人を設立した場合であって、2019年の事業収入が存在しない(0円)事業者の場合にも本特例を適用できます。 しかし、オンラインで対応できない方のために申請サポート会場で行う方法もあります。 事業収入が前年同月比 50%以上減少した事業者について、中堅・中小企業は上限 200万円、個人事業主は上限 100万円の範囲内で、前年度の事業収入からの減少額が給付されます。
35