消費 税 差額 請求 仕訳。 消費税率変更に伴う差額請求

一事業年度の取引数が多い場合は期末一括方式に較べ、相当の金額誤差が生じます それでは具体的な仕訳を見てみましょう
税抜経理の消費税の仕訳 決算時 決算の時には、消費税の金額が決定します すると、会計ソフトが10/110の自動計算をし、売上に仮受消費税を、仕入と旅費交通費に仮払消費税を、追加して仕訳の貸借が合うようにしてくれます
というのはどうすればよろしいのでしょうか? 貴社では仕入時に工事未払金を計上され、 後に、請求書が届き、そこに差額が出ると言うことですから、 請求書の金額を担当責任者が査定して、承認すれば、 一旦、仕入時の振替を取り下げる(削除する)と言うことです ありがとうございました
まず、この2つの経理方式の相違点を整理しておきましょう いたずらに複雑な仕訳をアドバイスしても、設問者が分かりにくいだけです
小計(購入した材料の税抜金額)は、恐らく1回1回入力し 加算されている金額と合っていると思ったのです ちゃんと科目もあるでしょ? もしくは新規で科目設定できるようになっています
税金だけでなく、ビジネスやファイナンスに強い公認会計士・税理士が、歯科医院が持続的に成長するお手伝いをさせて頂きます 毎年の商品在庫に大きな変動がなければ、当期純利益に対象外・非課税仕入れ(人件費・税金・保険料・減価償却費・支払利息など)を加えた合計額の10/110で、おおよその消費税額が算出できます
消費税の中間納付はないのでしょうか? もし、中間納付しているなら、未払消費税が借方に計上されることに なってしまい、不自然なので・・・ (中間納付で 未払消費税/現預金 の仕訳をしているとすると) また、月次決算を行っているなら、振り替えたほうが妥当です 医療機関用の会計ソフトであれば初期設定で非課税になっていると思いますが、一般的な会計ソフトの場合は設定変更する必要があります
こんにちは、公認会計士・税理士の国近です ちなみに弊社では、「工事未収金」ではなく「買掛金」であり、 計上時に仮払消費税を調整してしまいますが、(入力を 請求書の明細1つ1つしていると、個別に複数回入力しているのと 同じ結果になるので、買掛計上時に調整の必要がでるのです) 計上時に買掛金の額を請求書と合わせないようにすると 未払消費税で調整するのと同じ結果になるので、 上記仕訳で問題ないと思います
ご覧いただきまして誠にありがとうございました 3 簡易課税を選択したことによる差異 簡易課税を選択した場合、本則課税による消費税計算との間に消費税額に差異が発生します
ところが、実際には、 取引数の多さによる端数の累積による誤差では説明できない著しく誤差が出ることがあります 【 ついでの小研究】 上の例では本体価額の月締め合計額をもとに消費税額を計算して、相手方に請求しています
(ソフト入力の際は105を入力し、ソフトが自動的に消費税計算を してくれ、入力される その差額は、お客様から預かっていますが、国へ納付しなくても良いため、次のような仕訳により、未払消費税等と一緒に雑収入に計上することになります
また、 4 と関連しますが、中間納付の金額についても整合しているか確認する必要があります 工事未払金を修正することは材料費の修正も必要ですね
) 後はソフトによって異なりますが、の作成モジュールと連動して およそ下記の仕訳がバックグラウンド処理となります 工事未払金を修正することは材料費の修正も必要ですね
また、請求時点で発生すると判断すれば、相手方から請求がなければ消費税は発生しない……? 輸入消費税(現行7. なので、消費税率振替を行います
1 端数処理による差異 消費税の申告計算では、端数処理が規定されています また、 4 と関連しますが、中間納付の金額についても整合しているか確認する必要があります